地方の問題

東京をはじめとした各地方都市で実施されている、二酸化炭素などの有害物質をふくんでいる自動車の排気ガスをなるべく出させないようにして環境汚染への対 策を考えようと言う「パーク・アンド・ライド」。これは自動車といっしょに電車やバスと言った公共の交通機関を利用することによって、自動車の利用時間を 減らして排気ガスを減らしていこうとする取り組みですが、これが出来るのはあくまでも「公共交通機関が発達した地域」のみであると言うことになってしまい ます。
 

都市部では10分や15分ごとにバスや電車が停留所に来ることは当たり前ですが、これが地方の田舎の方になってしまうと1時間に1本、2時間に1本 と言うのが今度は当たり前になってしまいます。こうなってしまうと、電車やバスを利用するよりは自動車を使って直接目的地まで行ったほうが早いと言うこと になってしまうわけであり、地方においてはパーク・アンド・ライドが普及しない、あるいはできないというのもうなずけるのです。

 

なので、これから先にまず しなければいけないことは公共交通機関を発達させることでありますから、この問題が解消しないとパーク・アンド・ライドもなにも無い、と言うことになりま す。

 

 

 

 

 

つかい方

パーク・アンド・ライドの問題点のひとつとしてよく挙げられるのが、公共交通機関のデメリットを嫌がって自動車の利用を優先してしまうと言う人が居ると言 うことです。たしかにメリットとしては二酸化炭素の排出量を、排気ガスを出させないことによっておさえることが出来ると言うことになりますが、その反面デ メリットとしては自分で好きなように自動車を使えなくなってしまうことになります。

 

バスや電車では好きなところでおろしてくれるわけではなく、バス停や電 車のターミナルがあって、そこで乗客の乗り降りをさせるのですから、自動車を使うよりは目的地まで遠くなってしまう場合がほとんどです。自動車を使えば目 的地まで直接行けると言うのに、パーク・アンド・ライドにしたら直接目的地までいけなくなってしまったので帰って面倒くさくなってしまったと言うのはよく 耳にする話のひとつです。

 

それから電車やバスは「公共交通機関」でありますから、その名前のとおり自分だけではなく大勢の人がつかう乗り物なので、その人 ごみを嫌がって自動車だけの利用に戻ってしまうのもよくある話です。これらを解消するために駐車場の無料化や運賃の割引チケットの導入などがサービスとし て存在しています。

 

 

 

 

 

待ち時間

パーク・アンド・ライドには二酸化炭素の排出量を削減するというメリットがありますが、その弊害としてデメリットも存在しています。そのデメリットのひと つとして、パーク・アンド・ライドは公共交通機関を利用するシステムでありますから、このシステムの中に存在しているデメリットである「バスや電車の待ち 時間」を嫌がる人が居るのです。

 

日本ではとくにその傾向が見られます。日本は出社時間や待ち合わせの時間に後れたりすると、それだけで「使えない奴、駄目 な奴」と言うように相手からの評価が下がってしまうので、1分1秒の遅れどころか10分前、15分前には目的地についていなければいけないと言う風潮があ ります。この風潮に当てはめて考えてみると、「二酸化炭素を少しくらいふやしても良いから、その分自分の評価を下げないようにしたい」と言う考えを持ち、 その結果として自動車だけの利用がまだまだ根付いているのです。

 

電車やバスが遅れないと言う保証はどこにもありません。運転するのは人間ですからミスもト ラブルもありますので、そのトラブルがもし自分が電車やバスを待っているときに降りかかって来たらと考える人も少なくは無く、結果として普及の遅れが出て しまっているのです。

 

 

 

 

デメリット

010351

地球温暖化対策の一環として、日本においても東京をはじめとした各地方都市において実施されているのが、公共交通機関を利用した方法である「パーク・アン ド・ライド」です。これは自動車といっしょに電車やバスなどの公共交通機関を利用することにより、なるべく排気ガスの中にふくまれている有害物質、主に二 酸化炭素を排出しないようにする取り組みですが、これはたしかに二酸化炭素を排出しないようにする方法としては良い方法だと思います。

 

しかしそのようなメ リットばかりではなく、デメリットも多くあることを忘れてはいけません。まず、公共交通機関を利用すると言うことは「電車やバスが来るまで待っていなけれ ばならない」と言うことになります。どこかへ出かけるだけならまだしも、会社への通勤となると日本においては始業時間にとくに厳しいので、1分1秒の遅れ も許す事が出来ない、と言う人もいるくらいです。その為「電車やバスを待っているくらいなら、自動車で直接会社まで行ったほうが良い」と言うように効率を 重視するあまり、この方法を嫌がる人も居るのです。それから公共交通機関が発達していない地域としては、これを実施しようがありませんので普及はむずかし いのです。

 

 

 

 

 

新宿区

東京都にはいろいろな「区」がありますが、その中でも新宿と言えば地方の人々にも有名な区のひとつとされています。この新宿区においてもパーク・アンド・ ライドがおこなわれており、環境への配慮をしているひとつの取組みになります。その内容ですが、新宿区においては観光スポットや商業施設を利用してのパー ク・アンド・ライドに取り組んでおり、こうしたところをめぐりたい観光客やアウトドア派の市民向けのパーク・アンド・ライドと言えるのでは無いでしょうか。

 

新宿駅の東西にある観光スポット、それから商業施設、駐車場などをむすび、それのルートに沿って循環する「WEバス」が新宿区においては運行されてい るのです。これはサービスの面においての待遇を売りとしており、都庁の第1本庁舎駐車場を利用してからこのパーク・アンド・ライドを利用することによっ て、その駐車場の料金が1時間分の割引をされます。それから新宿にあるデパートで一定金額以上の買い物をすると、さらに割引になるシステムもあります。ま た、バスは天井がガラス張りになっているので新宿区特有の高層ビルを眺めることが出来るのもポイントとなっており、こうしたところが売りなのが新宿のパー ク・アンド・ライドです。

 
ミュゼ大宮|知らなきゃ損!WEBでお得に!
 

 

 

 

ムーバス

パーク・アンド・ライドを実施している地方都市は日本でもいくつもありますが、やはり日本の首都である東京都においてはいろいろな場所でこの政策が実行さ れています。現在の東京とは日本の首都であるがゆえに、自動車だけではなく人間やものがあふれ、「東京一極集中」と言う言葉で問題になっているのもうなず けるものです。

 

公共交通機関においても満員電車は当たり前な地域がほとんどですが、東京のすべてがそうだと言うわけではなく、逆に交通が不便な東京の地域 もあるのです。そう言ったところでこの政策であるパーク・アンド・ライドを実施することによって、公共交通機関を利用して交通弱者をすくおうと言うのもひ とつの目的になっています。そのひとつが、東京都の武蔵野市において走っているのを見かけることが出来る「ムーバス」です。

 

これはとある高齢者が市長に対 して交通の不便さをうったえたことからはじまったバスの路線であり、これもパーク・アンド・ライドのひとつとして認識されています。100円均一の料金で 小学生未満は無料、コミュニティバスとして運行し始めました。当初は赤字になるのでは、と言う声もあり不安視されていたものの、結果的にコミュニティバス ブームを巻き起こすほどの大成功を収めました。

 

 

 

 

 

港区品川駅

自動車があふれかえっている現在の日本においては、あえて自動車に乗らずに公共交通機関を利用した方が手っ取り早い、と考える人も少なくはありません。そ のうごきは若者を中心に急速な広がりを見せております。しかしながらそれ以外でも、二酸化炭素を減らして環境問題に取り組もうと言ううごきからパーク・ア ンド・ライドを実施している東京都の地区も出てきています。

 

そのひとつが港区の品川駅におけるものでありますが、ここではどう言った取り組みがなされてい るのかと言うと、品川インターシティを中心としたパーク・アンド・ライドとパーク・アンド・バスライドになります。品川駅にかぎったことではなく、東京の 都心部の駅は満員電車が当たり前であると言う認識が強いのですが、それ以上に自動車の普及がもたらす渋滞は深刻であり、それによって交通マヒを引き起こし てしまうこともあります。

 

なので、こうした交通渋滞を少なくして解消することと、自動車の排気ガスを減らすと言うまさに一石二鳥の効果をもたらす取り組み を目指して港区の品川駅においてパーク・アンド・ライドが実行されているのです。日本で人口のもっとも多い東京では、こうした取り組みが欠かせないと言う ことになります。

 

 

 

 

 

江東区

東京都においては、自動車よりも今では公共交通機関を積極的に使おうと言ううごきが若者を中心に広がってきています。その背景には「自動車を持つよりも、 公共交通機関のほうがお金も時間もかからないし、事故にあうリスクも低い」と言うことや、「免許を持っていないけど公共交通機関があるから心配いらない」 と言うように、今の若者の経済的な状況からそういった動きが広まっているのです。

 

しかしこれらのほかにも「自動車の利用を公共交通機関を利用することに よって減らすことで、大気の汚染につながる排気ガスの排出量を減らそうと言う政策があります。それがパーク・アンド・ライドであり、東京都の中でもいろい ろな地域において取り組まれている政策です。事実、江東区においても取り組まれているもので、ここでは「パーク・アンド・バスライド」と呼ばれるものがあ ります。

 

これはホテルイースト21と呼ばれるホテルの東京バス乗場から、羽田空港や成田空港へのパーク・アンド・バスライドとしてバスを運行させているも ので、これを利用することにより二酸化炭素をふくんでいる排気ガスの排出をなるべくおさえようとするものになります。このように東京でも、環境問題に対す る取り組みがされているのです。

 

 

 

 

 

パーク&ライドとは

二酸化炭素を含んでいる排気ガスをなるべく排出させないために、自動車をあまり使用しない方法として「パーク・アンド・ライド」と言うものがありますが、 これをもっとくわしく説明するとどう言うものになるのでしょうか。自動車から排出される排気ガスの問題は昔からの問題として何回も取り上げられており、そ のたびに解決策がいくつも考えられてきました。

 

その中で、「公共交通機関と一緒に自動車をつかうことで、二酸化炭素の排出量をおさえることが出来るのでは ないか」と言う考えからはじまったのがこのパーク・アンド・ライドです。電車のターミナルやバスの停留所の近く、もしくはすぐ目の前に駐車場を設置して、 そこから公共交通機関に乗り換えをすることによって自動車の排気ガスの削減を目指すと言う取り組みがその内容なのです。

 

これは世界中でおこなわれている取 り組みであり、日本でも東京都をはじめとした各地方都市においてこの取り組みが行われているのですが、いかんせん公共交通機関が発達してない地域ではこの 政策事態を知らないと言う人も居るので、まだまだ時間が掛かりそうだと言うのも問題になっています。東京都においては江東区や港区の品川駅などでこの取り 組みがされています。