環境破壊を食い止めるための法律

自動車は今や日本で暮らす上で必要不可欠な存在です。大衆車が本格的に出回るようになってから現在に至るまで自動車の所有者数は増加し続け、今ではどこに行っても自動車が走る光景を目にする事が出来ます。しかしその結果自動車によって引き起こされる環境破壊が問題視されるようになり、それらを解決するための法律がいくつも定められるようになりました。そうした環境に関する自動車の法律にはどのようなものがあるのでしょうか。

 
自動車が本格的に普及するころは自動車が環境に与える影響についての研究は始まったばかりだったこともあり、環境にほとんど配慮していない自動車があたりを走り回っていました。そのせいで排気ガスに大量の有害物質が含まれたり、スパイクタイヤで削れたアスファルトのせいで粉じんが発生したりなどの大気汚染が進んだり、廃棄する自動車の処理が杜撰になったりカーエアコン内のフロンガスのせいでオゾン層が破壊されたりと廃棄処理する際の環境トラブルも多く報告されました。

 

こうした環境破壊の元を正すために様々な法律で制限や義務付けを行った結果現在生産されている車は環境にかける負担を最小限に抑える事が出来るようになりました。技術の進歩によってより環境に負担が掛からない自動車の開発も進んでおり、これから先の自動車の進化が注目されています。

 

 

 

騒音と環境問題

ミュゼ立川 店舗情報
 
自動車が環境に悪影響を与えている原因が何か考えたときまず思い浮かぶのは排気ガスだという方は多いと思いますが、自動車が出す騒音も環境問題の一つとして取り上げられています。車の出すエンジン音や排気音、駆動系に冷却系など自動車は様々なパーツなどから騒音を発生させます。こうした騒音問題を解決するための法律ももちろん存在し、現在日本で販売されている自動車はそれらの法律に準拠した非常に静かなものになっています。

 

自動車の騒音を規制するための法律は騒音規正法第十六条によって定められており、ある一定の周波数を超えた音を出す自動車は規制対象として罰せされます。さらにこの法律は年々規制が厳しくなってきており、法律が定められたころの規制値が84デシベルだったのに対し、現在では76デシベルになっています。
この規制のおかげで自動車の騒音に悩まされることも少なくなりましたが、車の駆動音などに魅力を感じる方の中にはこうした規制を良しとしない方も極わずかながら存在し、そういった方は基準値を超えた音を出す事が出来るよう改造を施しています。そうした違反行為を行なっている方は道路交通法に基づき処分される事が法律で定められているので、もしそういった改造を行なっているのであれば今すぐに中止してください。

 
ミュゼ八王子の店舗情報はhttp://www.independentsday08.com/
 

 

 

 

 

フロンガス規制

自動車に限定して定められた法律というわけではありませんが、フロンガスの利用に関する法律にも自動車は大きく関係しています。フロンガスといえば昔は冷蔵庫やエアコンなどの冷媒やスプレー缶などに利用されていたガスだったのですが、90年代に入ってフロンガスの成分がオゾン層を破壊する事が判明するとフロンガスの使用に関する様々な法律が定められ、フロンガスの使用の制限や規制対象となったフロンガスを利用している製品類の廃棄とそれに係わる適切な処理法の遵守などが義務付けられました。

 
法律が定められる前はフロンガスは様々な製品に活用されており、自動車のカーエアコンもその一つでした。自動車が廃棄される時はリサイクル可能な金属や機械類は取り外されて再利用されていましたが、カーエアコンやエアバッグなどリサイクルが難しかったり廃棄に手間が掛かるものは不適切な処理がなされていたことも多くありました。そうした不適切な処理を行なったカーエアコンからフロンガスが漏れていた可能性は十分に考えられ、知らず知らずの内にオゾン層に穴を開けていたと考えられます。そのためフロンガスに関する法律が定められた後はカーエアコンに利用されるガスの種類も変わり、より環境に配慮されるようになったそうです。

 

自動車とフロンガス

自動車と環境に関する法律は非常に深い関係性にあります。現在は様々な法規制のおかげで環境に与える影響を最小限に抑える事が出来るようになってきていますが、昔は自動車のありとあらゆる要素が環境に悪影響を与えていました。その一つがフロンガスによるオゾン層の破壊です。今ではめっきり使われる事が無くなったフロンガスですが、昔は冷蔵庫やスプレー缶などによく利用されており、自動車のあるパーツにもフロンガスが利用されていました。
 

現在は違うガスが使われていますが、昔はカーエアコンにフロンガスが利用されていました。カーエアコンは液体が蒸発する時に熱を奪う原理を利用しており、冷媒と呼ばれるガスを利用して空気を冷やしているのですが、この冷媒に使用されていたガスが昔はフロンガスでした。90年代に入って本格的にフロンガスが与える影響が問題視されるまでの間カーエアコンに利用されていたフロンが与えた影響がどれだけのものかはわかりませんが、日本上空のオゾン層に多大な影響を与えたことは間違いないでしょう。その後はフロンガスの規制に関する法律が施工されたことによりフロンガスを利用しているカーエアコンは完全に撤廃され、現在利用されているカーエアコンに利用されている冷媒も全く別のガスに変更されました。

 

 

 

 

車のリサイクルのかつての問題

ミュゼ 横浜
earth300

環境に関する車の法律の一つにリサイクルに関する法律があります。車のリサイクルは使わなくなった車の金属やエンジンなどの機械類を原材料として際利用したり他の廃棄者と組み合わせて再び稼働する自動車を作ったりすることで行なわれるのですが、再利用ができないパーツなどの処理を車の所有者が支払ったリサイクル料金を利用して自動車メーカーなどが責任を持って廃棄するよう義務付けたのが自動車リサイクル法です。この法律ができるまでは自動車のリサイクルによって返って環境が破壊されていた時期もあったそうです。

 

自動車リサイクル法が施工される前はリサイクルできないパーツ類はリサイクル業者が行っていました。しかしリサイクルできない車のパーツの中にはガス類など専門的な知識がなければ処理する事が出来ないものも多く、そうした処理を行なうためのスタッフを用意したり面倒でお金の掛かる処理をしなければならなかったりと経営に負担を掛ける要素が非常に強いこともあり、不法投棄や不適切な処理を行なう業者が増加し、そのせいで返って環境が汚染されてしまうのではないかという意見もあって自動車のリサイクルを売り手と買い手両方に支援させるために自動車リサイクル法が生まれたのだそうです。