自動車とフロンガス

自動車と環境に関する法律は非常に深い関係性にあります。現在は様々な法規制のおかげで環境に与える影響を最小限に抑える事が出来るようになってきていますが、昔は自動車のありとあらゆる要素が環境に悪影響を与えていました。その一つがフロンガスによるオゾン層の破壊です。今ではめっきり使われる事が無くなったフロンガスですが、昔は冷蔵庫やスプレー缶などによく利用されており、自動車のあるパーツにもフロンガスが利用されていました。
 

現在は違うガスが使われていますが、昔はカーエアコンにフロンガスが利用されていました。カーエアコンは液体が蒸発する時に熱を奪う原理を利用しており、冷媒と呼ばれるガスを利用して空気を冷やしているのですが、この冷媒に使用されていたガスが昔はフロンガスでした。90年代に入って本格的にフロンガスが与える影響が問題視されるまでの間カーエアコンに利用されていたフロンが与えた影響がどれだけのものかはわかりませんが、日本上空のオゾン層に多大な影響を与えたことは間違いないでしょう。その後はフロンガスの規制に関する法律が施工されたことによりフロンガスを利用しているカーエアコンは完全に撤廃され、現在利用されているカーエアコンに利用されている冷媒も全く別のガスに変更されました。

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。