江東区

東京都においては、自動車よりも今では公共交通機関を積極的に使おうと言ううごきが若者を中心に広がってきています。その背景には「自動車を持つよりも、 公共交通機関のほうがお金も時間もかからないし、事故にあうリスクも低い」と言うことや、「免許を持っていないけど公共交通機関があるから心配いらない」 と言うように、今の若者の経済的な状況からそういった動きが広まっているのです。

 

しかしこれらのほかにも「自動車の利用を公共交通機関を利用することに よって減らすことで、大気の汚染につながる排気ガスの排出量を減らそうと言う政策があります。それがパーク・アンド・ライドであり、東京都の中でもいろい ろな地域において取り組まれている政策です。事実、江東区においても取り組まれているもので、ここでは「パーク・アンド・バスライド」と呼ばれるものがあ ります。

 

これはホテルイースト21と呼ばれるホテルの東京バス乗場から、羽田空港や成田空港へのパーク・アンド・バスライドとしてバスを運行させているも ので、これを利用することにより二酸化炭素をふくんでいる排気ガスの排出をなるべくおさえようとするものになります。このように東京でも、環境問題に対す る取り組みがされているのです。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。