環境破壊を食い止めるための法律

自動車は今や日本で暮らす上で必要不可欠な存在です。大衆車が本格的に出回るようになってから現在に至るまで自動車の所有者数は増加し続け、今ではどこに行っても自動車が走る光景を目にする事が出来ます。しかしその結果自動車によって引き起こされる環境破壊が問題視されるようになり、それらを解決するための法律がいくつも定められるようになりました。そうした環境に関する自動車の法律にはどのようなものがあるのでしょうか。

 
自動車が本格的に普及するころは自動車が環境に与える影響についての研究は始まったばかりだったこともあり、環境にほとんど配慮していない自動車があたりを走り回っていました。そのせいで排気ガスに大量の有害物質が含まれたり、スパイクタイヤで削れたアスファルトのせいで粉じんが発生したりなどの大気汚染が進んだり、廃棄する自動車の処理が杜撰になったりカーエアコン内のフロンガスのせいでオゾン層が破壊されたりと廃棄処理する際の環境トラブルも多く報告されました。

 

こうした環境破壊の元を正すために様々な法律で制限や義務付けを行った結果現在生産されている車は環境にかける負担を最小限に抑える事が出来るようになりました。技術の進歩によってより環境に負担が掛からない自動車の開発も進んでおり、これから先の自動車の進化が注目されています。

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。