ムーバス

パーク・アンド・ライドを実施している地方都市は日本でもいくつもありますが、やはり日本の首都である東京都においてはいろいろな場所でこの政策が実行さ れています。現在の東京とは日本の首都であるがゆえに、自動車だけではなく人間やものがあふれ、「東京一極集中」と言う言葉で問題になっているのもうなず けるものです。

 

公共交通機関においても満員電車は当たり前な地域がほとんどですが、東京のすべてがそうだと言うわけではなく、逆に交通が不便な東京の地域 もあるのです。そう言ったところでこの政策であるパーク・アンド・ライドを実施することによって、公共交通機関を利用して交通弱者をすくおうと言うのもひ とつの目的になっています。そのひとつが、東京都の武蔵野市において走っているのを見かけることが出来る「ムーバス」です。

 

これはとある高齢者が市長に対 して交通の不便さをうったえたことからはじまったバスの路線であり、これもパーク・アンド・ライドのひとつとして認識されています。100円均一の料金で 小学生未満は無料、コミュニティバスとして運行し始めました。当初は赤字になるのでは、と言う声もあり不安視されていたものの、結果的にコミュニティバス ブームを巻き起こすほどの大成功を収めました。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。