車のリサイクルのかつての問題

ミュゼ 横浜
earth300

環境に関する車の法律の一つにリサイクルに関する法律があります。車のリサイクルは使わなくなった車の金属やエンジンなどの機械類を原材料として際利用したり他の廃棄者と組み合わせて再び稼働する自動車を作ったりすることで行なわれるのですが、再利用ができないパーツなどの処理を車の所有者が支払ったリサイクル料金を利用して自動車メーカーなどが責任を持って廃棄するよう義務付けたのが自動車リサイクル法です。この法律ができるまでは自動車のリサイクルによって返って環境が破壊されていた時期もあったそうです。

 

自動車リサイクル法が施工される前はリサイクルできないパーツ類はリサイクル業者が行っていました。しかしリサイクルできない車のパーツの中にはガス類など専門的な知識がなければ処理する事が出来ないものも多く、そうした処理を行なうためのスタッフを用意したり面倒でお金の掛かる処理をしなければならなかったりと経営に負担を掛ける要素が非常に強いこともあり、不法投棄や不適切な処理を行なう業者が増加し、そのせいで返って環境が汚染されてしまうのではないかという意見もあって自動車のリサイクルを売り手と買い手両方に支援させるために自動車リサイクル法が生まれたのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。