港区品川駅

自動車があふれかえっている現在の日本においては、あえて自動車に乗らずに公共交通機関を利用した方が手っ取り早い、と考える人も少なくはありません。そ のうごきは若者を中心に急速な広がりを見せております。しかしながらそれ以外でも、二酸化炭素を減らして環境問題に取り組もうと言ううごきからパーク・ア ンド・ライドを実施している東京都の地区も出てきています。

 

そのひとつが港区の品川駅におけるものでありますが、ここではどう言った取り組みがなされてい るのかと言うと、品川インターシティを中心としたパーク・アンド・ライドとパーク・アンド・バスライドになります。品川駅にかぎったことではなく、東京の 都心部の駅は満員電車が当たり前であると言う認識が強いのですが、それ以上に自動車の普及がもたらす渋滞は深刻であり、それによって交通マヒを引き起こし てしまうこともあります。

 

なので、こうした交通渋滞を少なくして解消することと、自動車の排気ガスを減らすと言うまさに一石二鳥の効果をもたらす取り組み を目指して港区の品川駅においてパーク・アンド・ライドが実行されているのです。日本で人口のもっとも多い東京では、こうした取り組みが欠かせないと言う ことになります。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。