騒音と環境問題

ミュゼ立川 店舗情報
 
自動車が環境に悪影響を与えている原因が何か考えたときまず思い浮かぶのは排気ガスだという方は多いと思いますが、自動車が出す騒音も環境問題の一つとして取り上げられています。車の出すエンジン音や排気音、駆動系に冷却系など自動車は様々なパーツなどから騒音を発生させます。こうした騒音問題を解決するための法律ももちろん存在し、現在日本で販売されている自動車はそれらの法律に準拠した非常に静かなものになっています。

 

自動車の騒音を規制するための法律は騒音規正法第十六条によって定められており、ある一定の周波数を超えた音を出す自動車は規制対象として罰せされます。さらにこの法律は年々規制が厳しくなってきており、法律が定められたころの規制値が84デシベルだったのに対し、現在では76デシベルになっています。
この規制のおかげで自動車の騒音に悩まされることも少なくなりましたが、車の駆動音などに魅力を感じる方の中にはこうした規制を良しとしない方も極わずかながら存在し、そういった方は基準値を超えた音を出す事が出来るよう改造を施しています。そうした違反行為を行なっている方は道路交通法に基づき処分される事が法律で定められているので、もしそういった改造を行なっているのであれば今すぐに中止してください。

 
ミュゼ八王子の店舗情報はhttp://www.independentsday08.com/
 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。